つれずれなるまま日記



日本和装着付け教室 着物セミナー

今回は着物セミナーの回。
都合が悪くて、他のクラスと一緒に着物の問屋へ。集合してみたら、参加者が少ない。
なんだ、結構無理して参加したのに・・・私も休めばよかった。
担当の面白くない、長いだけの話が終わってから移動。
どうも、この担当さんが好きになれない。はっきりいって、女を捨てている。
着物という業界にいるのであれば、少しは身なりにも気を使ったほうがいいのに。
髪ぼさぼさ、スッピン。生活に疲れているみたい。

問屋に行くまでに話を聞いていると、前回の帯セミナーが散々だったようでみんな今回は参加をキャンセルしている模様。
私のクラスは帯を買おうって人が何人かいたお陰かどうか、それほど強引な押し売りはなかった。
一級品の帯を見ることが出来たし、若旦那(じゃないけど)にも話をいろいろと聞けたし楽しかった。
でも、このクラスは予定時間を過ぎてもだれも買わなかった為、問屋・先生vs生徒みたいなことになっていたらしい。



午前中はいろんな着物を見せてもらう。留袖、喪服etc。
旦那さんも張り切って話して、話して、時間オーバー。
午後から着物を合わせつつ、さらに説明しますといって午前中は終わった。

午後は自分に似合う着物を合わせてみるといった授業(という名の販売会)
35万セット、25万セット、15万セットと着物・帯び・長襦袢セットをまずは紹介される。
はっきり言って、地味な感じであんまりピンとこない。
紬系はあんまり好きじゃないから、気に入った着物といってもほんの一部しかなかった。
セット販売しているものに目もくれず、作家ものあたりを重点的に見ていく。
問屋値で100万程度のエリアばかり見ていたせいか、お店の人は寄ってこなかった。
値段を言う人もいなかった。
先生に言わせると私の好みは関西好みらしい。加賀友禅より、京友禅だ。
帯揚げや帯締めの色合わせもいまいちお店の人と意見が合わない。
向こうはベテランなので、私が突飛なことを言っているのはわかるんだけど、好みも相当違っていたと思う。

かなり強引に勧められている人がいた。
散々欲しい・安いと言っておいて、今は無職なので買えない。これの繰り返し。
正直うざかった、買えないなら眺めている程度にして煽らなきゃいいのに。
逃げ回っていたけど、最後まで同じことをいってはローンの提案されていた。
みんな買わないモードに入り、先生はご機嫌ナナメ。お店の人もご機嫌ナナメ。
ぞうりまで勧めはじめる始末。

私はというと江戸小紋の一級品を着せてもらって、帯も金糸銀糸たっぷりの盛装用を当ててもらってご機嫌だ。
この辺からもうファッションショー。
見た事ある帯と思ったら服部だった、やっぱりあれはいい帯だな~。
そんなんで時間が過ぎて5時過ぎにお開きになった。

今回は精神的に疲れた・・。・
売るという行為が強引でなかったら、いいのになーと思って岐路についた。
なにが、がんばっちゃおうよ!だ、そんなのならお前が買っておけ。
[PR]
by koma0163 | 2006-06-19 11:27 | 着物
父の日母の誕生日 >>


究極めんどくさガーリー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
性別:女性
年齢:28
住所:東京

10月に結婚して、お寺の奥さんになりました。
かといってお寺にいるわけじゃなく、東京で暮らしています。
検索
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
percussive d..
from percussive dan..
sonic x roug..
from sonic x rouge ..
ship island ..
from ship island mi..
mariposa res..
from mariposa resta..
the godfather
from the godfather
language lab..
from language labor..
jennie
from jennie
arizona home..
from arizona home o..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧